王に俺はなる・日替わり内室・アイアム皇帝の違い・危険性・安全性について

アイアム皇帝、日替わり内室、王に俺はなるのゲームタイトルはインターネットの広告などで表示されますので一度は目にしたことがあるかと思います。

実際にプレイした事が無い方、もしくはこれからプレイしてみたいと思っている方、興味がある方も多いと思います。

そこで、この3つのゲームについてゲーム性の違い、危険性や安全性など内容に関して解説してみたいと思います。

「放置少女」は放置するだけ!
今プレイしているゲームの合間にやるサブゲームに最適です♪


 

スマホゲームで今最もHで、超人気があるのは「放置少女」というゲームです。

このゲームの何が凄いかって、ゲームをしていないオフラインの状態でも自動でバトルしてレベルが上がっていくこと。

つまり今やっているゲームのサブゲームで遊ぶには最適なんです!


可愛くてHなキャラがたくさん登場するゲームが好きな人は遊ばない理由がありません。

ダウンロード時間も短いので、まずは遊んでみましょう!

 

※DLの所用時間は1分以内。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。

王に俺はなる・日替わり内室・アイアム皇帝の違い・危険性・安全性について

まず、それぞれの簡単なゲーム内容について見てきましょう。

まずは王に俺はなるです。

王に俺はなるについて

リリース当初は実は別の名前だったのはご存知ですか?

我が野望というゲーム名でリリースされましたが、いつからかタイトルが変更になったという少し変わった経歴を持つゲームです。

ゲーム内容は中国は清の時代が舞台となっており、権力争いに巻き込まれたプレイヤーが王になる為にその渦に飛び込んでいく成り上がりストーリーです。

バトルでメインストーリーを進めながら、力になってくれる武将キャラや心の拠り所として癒してくれる美人キャラを獲得していきます。

清の時代ですので、比較的近代の中国をテーマにしています。

しかし、登場人物はその時代の人物ではなく新旧入り混じっています。

三国志時代のキャラや、日本の戦国時代のキャラなど様々な有名人が登場します。

歴史好きな方なら楽しめるゲームです。

次は日替わり内室です。

日替わり内室について

こちらは、大昔の中国王朝が舞台となっておりプレイヤーは王朝に使える新米からスタートします。

王に俺はなると同様に、最終的には頂点に君臨するのが目的になります。

しかし、王に俺はなると違い目的が少し邪な感じがします。

ですが、ゲーム内容は王に俺はなるとほぼ同じですので同時に始めても違和感がありません。

登場するキャラはプレイヤーに協力してくれる門客、美人キャラという部分も同じです。

「放置少女」は放置するだけ!
今プレイしているゲームの合間にやるサブゲームに最適です♪


 

スマホゲームで今最もHで、超人気があるのは「放置少女」というゲームです。

このゲームの何が凄いかって、ゲームをしていないオフラインの状態でも自動でバトルしてレベルが上がっていくこと。

つまり今やっているゲームのサブゲームで遊ぶには最適なんです!


可愛くてHなキャラがたくさん登場するゲームが好きな人は遊ばない理由がありません。

ダウンロード時間も短いので、まずは遊んでみましょう!

 

※DLの所用時間は1分以内。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。

アイアム皇帝について

最後はアイアム皇帝です。

こちらのストーリーは、他の2つと少し違います。

現代からタイムスリップしたプレイヤーが中国の王になるところからスタートします。

他の2つは王様を目指すゲームでしたが、アイアム皇帝は王様から始まるわけですね。

ゲームの目的は、より強い国を作ることです。

ストーリーは若干違いますが、内容は他の2つと同じです。

つまり、この3つのゲームは時代背景やストーリーの目的が多少異なりますが、プレイ内容は同じということです。

では、3つのゲームの共通点を見ていきましょう。

  • メインストーリーはバトルで進める。
  • お金、食糧、兵士の資源を徴収できる。
  • 家臣となるキャラには政治、軍事、商業、農業などのステータスがある。
  • 美人キャラが多数登場し、寵愛行為で子供を作ることができる。

ゲームの基本となるシステムが全く同じです。

個人的にですが、登場キャラのイラストがそれぞれ異なるのでお好みの絵柄で選ぶのもアリだと思います。

ちなみにですが、一番好きなイラストはアイアム皇帝です。

次に3つのゲームの安全性について解説します。

安全性と危険性について

この3つのゲームは中華系と呼ばれていますが、あまり良いイメージが無いかもしれません。

しかし、公式サイトや公式Twitterもオープンしており何といっても審査に厳しいアップルストアでリリースされていますので安全性については問題ありません。

もちろん、GooglePlayStoreでもリリースされていますのでAndroidの方も、iosの方も両方楽しめます。

課金システムも実装されていますが、現在まで金銭トラブルも無く健全な運営だと思われます。

したがって、3つのゲームはいずれも安全にプレイすることができると断言してよいでしょう。

興味のある方はいずれかのゲームをインストールして実際にプレイしてみることをお勧めします。

空き時間にプレイできる手軽さもあるので、暇つぶしに最適ですよ。

「放置少女」は放置するだけ!
今プレイしているゲームの合間にやるサブゲームに最適です♪


 

スマホゲームで今最もHで、超人気があるのは「放置少女」というゲームです。

このゲームの何が凄いかって、ゲームをしていないオフラインの状態でも自動でバトルしてレベルが上がっていくこと。

つまり今やっているゲームのサブゲームで遊ぶには最適なんです!


可愛くてHなキャラがたくさん登場するゲームが好きな人は遊ばない理由がありません。

ダウンロード時間も短いので、まずは遊んでみましょう!

 

※DLの所用時間は1分以内。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。



「放置少女」は放置するだけ!
今プレイしているゲームの合間にやるサブゲームに最適です♪




スマホゲームで今最もHで、超人気があるのは「放置少女」というゲームです。
このゲームの何が凄いかって、ゲームをしていないオフラインの状態でも自動でバトルしてレベルが上がっていくこと。

つまり今やっているゲームのサブゲームで遊ぶには最適なんです!


可愛くてHなキャラがたくさん登場するゲームが好きな人は遊ばない理由がありません。
ダウンロード時間も短いので、まずは遊んでみましょう!


※DLの所用時間は1分以内。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。


7月20日リリースの最新RPG!
「ステラクロニクル」がリリース記念でガチャ65連無料!




7月20日にリリースされ、早くも20万ダウンロードされた、スライドコマンドバトルRPGのステラクロニクル!

リリース記念でガチャ30連無料!更に、初心者ミッションクリアで合計65連無料で引けちゃいます!


キャンペーンは今だけなので、ガチャだけでも引いてみましょう!



ダウンロード不要♪
5秒でゲームスタート!「大軍師」がヤバイ!


ダウンロード不要!5秒でゲームスタート可能な三国志ゲームの「大軍師」で城攻めしてみませんか!?


今なら限定特典として、ログイン初日でSR武将が必ずもらえます!
初回チャージで呂布ももらえるので、始めるなら絶対に今ですね!







7月30日リリース
最新ターン制RPG「ステラバラード」


仲間キャラは全員無料! 自由な育成も楽しめる王道ファンタジーRPG「ステラバラード」が配信開始されました!


本作は魅力的な仲間キャラが多数いますが、全員無料で入手出来ます。

課金しないとゲット出来ないというもどかしさがないのが最高ですね。



ターン制コマンドバトルなので昔ながらのRPGが好きな人も必ず楽しめますよ!



7月22日リリースの新作三国志ゲーム
「三国英雄たちの夜明け」今ならログインするだけで馬超がもらえる!

『三国英雄たちの夜明け』とこれまでの三国ゲームの違いです!

1・すべての英雄の潜在能力上限数は同じであり、育成次第ではだれもが戦場の主役となることができる!

2・どの国に所属していても全英雄を使用することができ、これによってよりフェアでかつプレイヤー好みの陣を組めるようになっている!


今ならログインするだけで「馬超」がもらえます。
このキャンペーンはいつ終了するかわからないので、始めるなら絶対に今!



攻め過ぎな画像の放置RPG!?
「超次元彼女」がストレスなく遊べます!


広告でよく出てくるゲームの「超次元彼女」は、攻め過ぎな画像の美少女たちがたくさん登場する放置系RPGです!

サクサクとストレスなく遊べる手軽なゲームですが、やり込み要素もたくさん。
今なら10連無料ガチャが貰えますし、ダウンロードもすぐ終わるのでまずは遊んでみましょう♪



というわけですが、最後までお読みいただいてありがとうございました!!

この記事の内容が役に立ったと思ったら、ソーシャルメディアでシェアしてください!
おすすめの記事